正社員かフリーランスで悩んでいる方必見!どんなタイプが向いている?

query_builder 2021/08/06
五藤 聖一
CAT9V9A9145_TP_V

正社員かフリーランスで悩んでいる方必見!どんなタイプが向いている?


一昔前は、会社に正社員として採用される事が一つの目標でありゴールという認識が一般的でした。
しかし、時代は今大きく変わろうとしています。
最近フリーランスというワードを耳にする事が多くないでしょうか?
フリーランスとはいわゆる個人事業主の事を指し、持ち前の技術やスキルを用いて、B to C もしくは C to Cで仕事を請け負い、報酬を貰う方々の事です。
ネット上にもその繋ぎ役を務めるサイトが数多く存在し、今や一つのビジネスモデルとして確立されていると言っても過言ではありません。
では、転職をお考えの人にとって、正社員とフリーランスではどちらを選択した方が良いのでしょうか?
今回はその様なお悩みをお抱えの方に向けて、それぞれが向いているタイプについてご紹介しましょう。


■正社員のメリットとデメリット
正社員として得られる最大のメリットは、やはり生活の安定感でしょう。
基本給が定められているため、決まった金額以上が毎月安定して収入として得られ、各種保険も完備されているので、最低限の保険料で各種サービスを利用する事が可能です。
また、組織の一部として働く場合が多く、トラブルが起こった際も自分だけの責任ではなく会社として対処するため、安心して働けるのもメリットの一つです。
一方、デメリットの代表的な例は、会社から拘束される時間が長い事です。
正社員は就業規則に基づいて労働をする義務を持っており、やりたくない仕事を担当する事もありますし、進捗が追いついていない場合は残業を求められる事もあるでしょう。
拘束される時間が長ければ長いほど自由に使える時間も少なくなりますので、「ある程度時間を犠牲にしてでも安定した生活」を求める方には、正社員が向いていると言えるでしょう。


■フリーランスのメリットとデメリット
フリーランスとして働く事で得られる最大のメリットは、ズバリ自由度の高さにあります。
正社員は会社から課されたタスクに取り組まなければなりませんが、フリーランスは自分がやりたい仕事を好きな量だけやれるため、ほとんどの裁量を自分で決められる事が特徴として挙げられます。
「今週はバリバリ働いて、来週はプライベートを充実させよう!」という過ごし方も可能となる訳ですね。
しかし、そんなフリーランスにも当然デメリットが存在します。
それは、生活が不安定となる事です。
いくら自分で決められると言っても、毎月毎年安定した仕事量があるとは限りませんので、収入も上がったり下がったりが基本となります。
また、社会保険や福利厚生も皆無である点と、業務の全てが自己責任となるため、正社員とはまさに正反対と言えるでしょう。
「生活が不安定になっても好きな事をして生きていきたい」という方にはオススメの職業ではないでしょうか。


■掛け持つ時はご注意を
正社員として企業に勤めながらフリーランスとしての顔を持ち、空いている時間で仕事を請け負っている、いわゆる「掛け持ち」の方も多いのではないでしょうか。
そのような人は、非常に大きなリスクを背負っている事をあらかじめ知っておくべきでしょう。
皆さんにとっては時間の有効活用かもしれませんが、会社にとってはただの副業としかみなされません。
もし副業を禁止されているにも関わらずそれがバレてしまった場合は、処罰される恐れがあります。
特に注意が必要なのは、会社で得たノウハウを活かしてフリーランスの活動をしているケースです。
現代のほとんどの会社では情報漏洩に関する規則を徹底しておりますので、最悪の場合、問答無用で裁判沙汰になる可能性もあるのです。
「誰にも言っていないからバレないだろう」とお考えかもしれませんが、住民税の不自然な増加などで疑いをかけられるケースもございますので、二足の草鞋を履く場合は細心の注意を払う必要があるでしょう。


■自分にとって何が最良かを突き詰める
正社員とフリーランスにおいて、どちらか一方が優れているという事はありません。
自分のやりたい事をやって自由に時間を使えている正社員もいれば、仕事を山ほど請け負って何とか生活出来ているというフリーランスの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、重要なのはどちらの職業が良いかということではなく、皆さんがどうやって生きていきたいかです。
「どんな仕事をやりたいか?」「収入はどの程度を希望するか?」「プライベートタイムをどれくらい確保したいか?」など、ご自身の欲求と現実的なポジションや持っているスキルと相談して、自分の意思で進むべき道を決めるのです。
昨今の日本では、多様化を目指す社会と共に、新しい暮らし方や働き方が増えてまいりました。
価値観も人それぞれで、何より若い世代が柔軟な考え方を持っていますので、このような風潮が次代の常識として定着する可能性も大いにあります。
明るく楽しい生活を送るために、キャリア形成とライフスタイルのバランスを上手く取って仕事に励みましょう。
もし、深くお悩みであればSGIにお越しください。
正社員でもフリーランスを目指す方にも、私どもが効果的なアドバイスを差し上げます。


キャリアアドバイザー
五藤 聖一

OOKAWA9V9A6918_TP_V


NEW

  • 20代で初めて転職するときに注意すべきこととは?

    query_builder 2021/11/01
  • 転職に学歴は必要?採用担当が見ているポイント

    query_builder 2021/10/28
  • 手に職をつけて転職したい人が知っておくべきこと

    query_builder 2021/10/25
  • 引っ越しを伴う転職にはどんなメリットがある?

    query_builder 2021/10/21
  • 仕事とプライベートはどちらが大事?あなたに合ったワークライフバランスとは

    query_builder 2021/10/18

CATEGORY

ARCHIVE