転職の相談は誰にすればいい?ベストなエージェント選びのコツ!

query_builder 2021/08/08
五藤 聖一
tsuruetoushi4_TP_V

転職の相談は誰にすればいい?ベストなエージェント選びのコツ!


「転職エージェントの言う事がイマイチ信用できない……」
そんな経験をお持ちの方々はいらっしゃいませんか?
自分に合った企業を探すのが難しい様に、自分に合うエージェントを見つけるのも実は運用素が絡みます。
しかし、誰か一人のエージェントに拘る必要は全くありません。
「この人はちょっと……」と感じた場合は、別のエージェントに相談すればいいのです。
そんな皆様のために、今回はベストな転職エージェント選びのコツについてご紹介しましょう。


■履歴書や職務経歴書にダメ出しをしてくれる

「ダメ出しするのに何でいいエージェントなの?」と思われた方も多いのではないでしょうか。
履歴書や職務経歴書は、いわば相談者様の生命線とも言える武器になります。
転職エージェントは、その二つの書類を専門的な視点から解剖し、修正する事に長けておりますので、相談者が持って来たものに目を通すといくつもの改善点を発見出来るはずなのです。
にも関わらず、受け取った書類に特にコメントする事なく求人紹介ステージへと進むアドバイザーは要注意です。
もちろん最初から言う事ナシの履歴書・職務経歴書を提出する相談者様もいらっしゃいますが、その数は極僅かであり非常に稀です。
もし提出書類をスルーされた場合は、「なぜ改善点を指摘してくれないのか?」と聞いてみましょう。
しっかりとした理由を答えてくれるエージェントであれば信頼が置けると言えますが、答えが曖昧であれば、別のエージェントを頼るのも一つの手ではないでしょうか。


■得意分野の会社を集中的に紹介してくれる
転職相談に来られる方々は、程度の差はあれど皆一様に何かの理想や願望を持っておられます。
「持ち前のスキルをもっと活かせる会社に行きたい!」「前職と同じ業種で大企業へステップアップしたい!」など、明確な目標を持った相談者様に対して、その得意分野を集中的に紹介してくれるエージェントは相談するに値すると言えます。
対して、ターゲットとなるジャンルをハッキリと意思表示しているにも関わらず、別職種の企業を紹介してくるエージェントは避けた方が良いかもしれません。
「お客様ならばこんな会社も狙えますよ!」と、相談者側の希望を無視して押し付けて来る場合は、相談者様のステータスしか見ていない可能性があります。
ニーズとのアンマッチは不信感が生まれますので、少しでも違和感を覚えたらエージェントの変更をオススメいたします。


■落選理由を教えてくれる
転職活動中の求職者がいつもモヤモヤする瞬間があります。
それは、「なぜ落ちたのか理由が分からない」という時です。
学歴が足りなかったのか、必要な職歴に満ちなかったのか、それとも面接での受け答えに失敗したのかなど、一体どこが悪かったのか分からずまま次の転職活動へと進まなければいけません。
しかし、その理由を企業側から聞き出して、相談者様にフィードバックしてくれるエージェントも居ます。
ミスマッチした理由が分かれば書類の書き方や次の面接に臨む際の対策が打てますので、相談者側に大きなアドバンテージをもたらしてくれます。
落選理由を教えてくれるかどうか、という点が相談すべきエージェント選びの一つの基準になると言っても過言ではないでしょう。


■選択肢を狭めるエージェントは危険
エージェントによる転職相談では、基本的には段階を踏みながら徐々に進めていきます。
それは、相談者様の経歴や持っているスキルの確認に始まり、どのような仕事をしたいか?どのレベルの待遇を求めるか?など、あらゆるニーズやステータス情報を総合的に判断しながら慎重に企業を勧めなければ、相談者側とのズレが生じるためです。
しかし、中にはさまざまな工程を飛ばして、最初から色々な企業を机上に並べ、「どれがいいですか?」と紹介してくるエージェントも居ます。
一見親切に見えますが、これはエージェント側が入って欲しい会社を押し付けているだけであって、相談者側の選択肢を狭めてしまっている行為に他なりません。
改めて要望をハッキリと伝え、それでも改善が望めない場合は相談するエージェントを変更した方が良いでしょう。


■転職は二人三脚で行うもの
ここまでエージェント側の側面を掘り下げてまいりましたが、転職相談においては相談者側の意識も非常に重要です。
ご自身の理想や希望だけを主張し、一切の妥協を見せない姿勢を貫き続けてしまえば、エージェント側もお手上げ状態となってしまいます。
確かに相談者様にベストな企業を紹介するのがエージェントの仕事ですが、実現が難しいものはハッキリと伝えるのもまたエージェントの仕事であり、相談者様もその現実を受け止める心持ちが必要不可欠です。
最初に紹介された会社で決めなければならないという事はございませんので、転職活動中に生じる気持ちの変化などに伴う方向性のズレを修正しつつ、エージェントと二人三脚でじっくりと会社選びに臨みましょう。
それでも「あまり相性のいいエージェントが見つからないなぁ……」とお悩みの方は、差し当たってSGIにお越しになってはいかがでしょうか?
皆様に寄り添ってご相談に乗る事をお約束いたします。


キャリアアドバイザー
五藤 聖一

cropkuchikomi706


NEW

  • 自立ってなに?大人ってなに?素朴な疑問にお答えします!

    query_builder 2022/11/29
  • 異業種へ挑戦したいあなたが知っておくべきこと

    query_builder 2022/11/18
  • 「どの会社も何か違う!」とお悩みのあなたに合う会社とは?合う会社とは?

    query_builder 2022/11/08
  • 未来を変える魔法の方法!夢ノートの本当の力を教えます!

    query_builder 2022/10/27
  • 社宅制度がある会社って本当にお得?

    query_builder 2022/10/18

CATEGORY

ARCHIVE