手に職をつけて転職したい人が知っておくべきこと

query_builder 2021/10/25
五藤 聖一
OOKPAR564561647_TP_V4

転職とはこれまでの自分の経歴や職歴を活かして別の企業に入社するもの、という認識が一般的であることは間違いないでしょう。
その場合、次の勤め先は同じ業界であるケースが多く、取れる選択肢も限られたものとなります。
しかし、中には全く新しいルートを開拓する人もいらっしゃることをご存じでしょうか?
その方々は今まで持っていなかったスキルを新たに身に付け、自分の実力だけで道を切り拓いています。
そう、いわゆる手に職を付けた方たちです。
最近は手に職を付けることに興味を示している方が多いと聞きますので、転職を目指す際に知っておくべきことをご紹介いたします。


■どんなメリットがある?


最大のメリットは、仕事がなくならないことです。
必要なスキルや資格さえ持っていれば、入社を歓迎する企業も多く存在していますし、フリーランスとして活躍できる可能性も少なくはありません。
また、学歴に足を引っ張られないというメリットもあります。
完全な実力主義の世界であるため、学歴にそれほど権威がなく、トライアルの合否を左右されることも少ないでしょう。
何より、問題無く仕事をこなせるという自信がありますので、例えば面接で落ちたとしても大したダメージを負わずに、気軽に別の会社や仕事を探せます。
手に職をつけるということは、精神的な強さにも大きな影響を与えるのです。
次項より特に知っておくべきメリットと、忘れてはいけない注意点についてご説明いたしましょう。


■資格が不要なケースもある


手に職を付けた転職を実現する場合、資格が必須だとお考えではありませんか?
確かに資格を持っていた方が選択肢の幅は広がりますが、実は資格が不要なケースも存在します。
例えばIT系のエンジニアや現場工事などがその筆頭と言えます。
ITエンジニアはスキルこそ必要ですが、資格の所有を応募条件に設定している企業は比較的少ないです。
また、現場系の仕事は実際の作業を通じてスキルを高めていくため、資格どころか未経験でもOKとしている企業が多いのです。
どちらも実力次第で活躍出来る機会が多い仕事のため、資格がなくても業界に足を踏み入れやすい職種と言えるでしょう。


■世代関係なく働ける


一般的な転職事情としては、30代の半ばに差し掛かると転職先の数が非常に限られたものになります。
その理由は、適応力や柔軟性の観点から見て、20代を採用した方がはるかにコストパフォーマンスが良いからです。
しかし、手に職をつけていれば年齢は関係ありません。
自分のスキルを使ってどのような成果を上げるかが焦点となるため、年齢がネックとなって働けないということはほぼないと言えるでしょう。
ただし、どの職種においても、ある程度の年齢に達するまでに一定水準のスキルを身に付けていないと、険しい道のりになるかもしれないということには注意が必要です。


■女性が活躍できる世界


先に例を挙げた様な現場仕事などは体力がモノを言うため、女性では厳しい環境下に置かれることが多く、転職先としてはあまり人気がないのが実情です。
それは、工事会社全体における社員の男女比などを見ても明らかでしょう。
しかし、男女差がほとんどない職種もございます。
代表的な例としては、プログラマーやWebデザイナーなどが挙げられます。
IT系の仕事が発展し続ける限り、この2つのの仕事がなくなることはないと言われているほど需要の高い職種です。
基本的にはデスクワークですので、ノウハウさえ持っていれば女性でも活躍できる仕事と言えます。
また、持ち前の文章力を活かして、Webライターとしてフリーランスで活動している女性も多くいらっしゃいます。
手に職をつければ、男女の差がない世界で勝負出来る点が大きなメリットとなるでしょう。


■スキルにとらわれてはいけない


手に職をつけていれば、新たな業界に足を踏み入れたり入社即戦力として活躍できるのは間違いないです。
しかし、だからと言ってスキルや資格だけが重要かと言われればそうではありません。
いくら実力次第で勝負できる世界とはいえ、結局は人付き合いが発生する仕事も多いため、最低限のコミュニケーション能力は身につけておくべきでしょう。
申し分ない実力を持っているのに、人間関係の不和やコミュニケーションエラーなどで、せっかくのチャンスを棒に振るのは非常に勿体ないと言えます。
スキルを磨くだけではなく、当たり障りのない付き合い方も兼ね揃えておけば、活躍の場を更に広げられるでしょう。


■十分な収入が得られるとは限らない


最後は非常に現実的な話となりますが、転職に成功したとしても、十分な収入が得られるとは限りません。
実力で勝負できるということは、同じ様なスキルを持った方々と競合するということにもなるからです。
特にフリーランスとして活動したい方は、転職直後は少し苦しい状況に置かれることも想定しておくべきでしょう。
もし、ご自身の今後のキャリアについて不安を抱えている場合は、ぜひSGIへお越し下さい。
私どもがあらゆる可能性を考慮して、皆様のキャリア形成をサポートさせていただきます。


キャリアアドバイザー
五藤 聖一


NEW

  • 転職は35歳までが限界?曖昧なイメージではなくハッキリとした認識を

    query_builder 2022/06/29
  • 転職するのがめんどくさい人にオススメの活動とは?

    query_builder 2022/06/16
  • 高卒でもステップアップ可能!価値ある将来を勝ち取る方法

    query_builder 2022/06/08
  • 転職後に後悔するのはなぜ?入社前に絶対にやっておくべきこと

    query_builder 2022/05/28
  • 徹底解剖!無職期間の長さは転職活動にどう影響する?

    query_builder 2022/05/20

CATEGORY

ARCHIVE