転職希望者必見!新たな職場環境に適応する方法

query_builder 2022/02/22
五藤 聖一
Tsurutama_MKT7177_TP_V4

転職をお考えの求職者の皆様にとって、転職後の何に一番不安を感じますか?
仕事を覚えられるか不安だったり、実力を発揮できる機会が訪れるか心配だったりと、ひとによってさまざまでしょう。
しかし、多くの求職者が最も不安に感じているポイントは、「新しい職場環境に適応できるかどうか」という点です。
前職までの慣れた環境から、心機一転まっさらな状態で仕事をすることになるため、入社前は不安に感じる気持ちも分かります。
そこで今回は、新たな職場環境に適応する方法をご紹介いたします。
転職活動中の方または転職を検討されている方は、ぜひご一読ください。


■仕事で結果を出す


最も簡単に職場に適応する方法は、仕事で結果を出すことです。
「それがすぐにできたら苦労はない!」と思う方も多いでしょう。
最初に紹介する辞令としてはいささか極端かも知れませんが、仕事で結果を出す人が周囲からの尊敬を集められるというのは、どの会社でも当たり前の出来事です。
成し遂げた功績が評価されると自信がつきますし、何より職場内での存在感や発言権が増します。
仕事に注力して結果を出せば、いつの間にか新環境に適応していることでしょう。
……といってもそれは先々の話であることは間違いないので、「入社してすぐの話を聞きたいんだ!」という方々のために、誰にでも簡単にできるベーシックな手法を次項より伝授いたします。


■元気に挨拶をする


例えどれだけ経験豊富な社会人であったとしても、入社したからには新人社員らしく元気に挨拶をしましょう。
それが新環境に適応するためのコツです。
「そんな当たり前のことを?」という声が聞こえてきそうですが、そんな当たり前のことを実践できていない人が非常に多いのも事実です。
入社した直後は、会う人会う人が初対面の社員ばかりですので、元気な挨拶が名刺代わりになります。
挨拶をした側に実感はありませんが、元気に挨拶をされると純粋に気持ちいいですし、何より印象的な人物として周囲の記憶に残っているでしょう。
挨拶の効果をナメてはいけませんよ。


■昼食をともにする


可能な限り、お昼ご飯は職場の面々と一緒に食べましょう。
もちろん各々が一人で食べる文化の会社であれば無理に他人を誘う必要はありませんが、社員同士で外食に向かったり、数人でグループをつくって社内で食べたりしている場合は、積極的にその輪の中に入っていくことをオススメいたします。
四六時中同じ職場にいるとはいっても、終業時間は全員仕事に集中しているため、個人同士で腰を据えて話をする機会は実はそれほど多くありません。
仕事以外の話で大手を振って盛り上がれるのは、日中で唯一昼休憩のタイミングだけなのです。
新しい環境に適応したいのであれば、昼食をともにして親睦を深めましょう。


■適度に人付き合いをする


新しい会社に入ったら、同僚や上司から時間外に食事に誘われることがあるかもしれません。
人によってはストレスを抱えてしまうため、毎回毎回同席しなければならないということはありませんが、適度に付き合うのも新環境に早々に適応するコツです。
社内では気軽にいえない悩みや相談事を話す絶好の機会と捉えてみましょう。
一昔前までは「飲みにケーション」というワードが市民権を持ち、飲みに付き合わない社員はハミ出し者のような扱いを受ける時代がありました。
しかし、その文化がすでに前時代的なものとして位置づけられている傾向にある昨今の日本では、過度な付き合いは非生産的と考える人も増えております。
だからといって、社員同士の人付き合いがゼロになって良いことなど一つもありません。
数回に一回顔を出す程度の付き合いでも、喜んでくれる人はたくさんいらっしゃるはずですよ。


■差し入れをする


最後は少しだけ邪道な手法を紹介いたします。
それは、差し入れです。
例えば、集中力が少し落ちそうな午後3時のおやつ時に、「甘いものでもどうですか?」と一口で食べられる飴やチョコレートなどを配ってみてはいかがでしょうか。
「ありがとう」と受け取ってもらえるだけの短い時間ですが、これも一つのコミュニケーションが取れる機会をつくれる手段といえます。
この際のポイントは、できる限り「安いもの」を差し入れることです。
あまりに高いものだと、「何かよこしまな意図があるのか?」と勘繰られて、逆効果になってしまう可能性があります。
少し好感度を上げるための飛び道具といってしまえばそれまでですが、安いものをさりげなく渡してあげると、喜ぶ人が多くいらっしゃいますよ。


■入社前に職場環境を知りたい方へ


ここまでいくつかの事例をご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?
「そんなことできる自信がない!」「そこまで深く考えたくない!」という方も少なくないと思います。
そんな皆様は、転職エージェントを利用されることをオススメいたします。
エージェントは企業と求職者の間に入ってさまざまな調整をしてくれるため、入社前に職場環境の詳細を知ることも可能なのです。
「この会社なら自分に合いそう!」と判断できれば、転職に失敗する可能性もグッと減るでしょう。
興味をお持ちの方は、ぜひ一度SGIにお越しください。


キャリアアドバイザー
五藤 聖一

OZP88_jojopose03_TP_V4


NEW

  • 自立ってなに?大人ってなに?素朴な疑問にお答えします!

    query_builder 2022/11/29
  • 異業種へ挑戦したいあなたが知っておくべきこと

    query_builder 2022/11/18
  • 「どの会社も何か違う!」とお悩みのあなたに合う会社とは?合う会社とは?

    query_builder 2022/11/08
  • 未来を変える魔法の方法!夢ノートの本当の力を教えます!

    query_builder 2022/10/27
  • 社宅制度がある会社って本当にお得?

    query_builder 2022/10/18

CATEGORY

ARCHIVE