こんな会社はNG!入社を回避すべき企業の特徴を伝授!

query_builder 2022/03/10
五藤 聖一
kuchikomi750_TP_V4

転職先があっさりと見つかって意気揚々としていたのに、いざ入ってみると事前に抱いていたイメージと全く違った、というケースが非常に多いことをご存じでしょうか?
以前は「どんな会社でも転職さえできればいいや!」と思っていたとしても、劣悪な環境に身を置くことになれば次第に不満が募り、早期退職へとつながる可能性が高まります。
なぜこのようなケースが多発するかというと、どの会社で働きたいかではなく「転職先を決めること」が目標となってしまっているため、そのような状況に陥りやすいのです。
そこで今回は、入社を回避すべき企業の特徴をご紹介しましょう。
思わぬところに危険なサインが潜んでいいますよ。


■事業内容が不明瞭

求職者の皆様が企業に応募する際は、どのような情報を確認または参考にしていらっしゃいますか?
おそらく大半の人が、主に企業HPと求人情報の2つを閲覧して応募を決断していることでしょう。
その中でも特に重要な情報の一つとして、「事業内容」が挙げられます。
事業内容は皆様が入社後に従事する業務であるため、確実に抑えておきたい判断材料といえるでしょう。
しかし、中には耳障りの良い言葉を並べて、結局どのような仕事をしているのか分からないという企業も存在しています。
「待遇面に魅力を感じて応募したものの、蓋を開けてみれば極めて過酷な労働をさせられた」というケースが後を絶ちませんので、事業内容を具体的に記載していない企業は回避した方が良いかもしれません。


■耐性の確認が多い

一般的な企業の場合、面接時に求職者に対する質問は、応募した動機やモチベーション、または入社してどのような仕事がしたいか、といういわゆる前向きな内容が多くを占めます。
しかし、「うちは大変だけど大丈夫か?」や「ストレスには強い方か?」など、求職者の耐性ばかりを確認してくる企業も存在しています。
もし面接時にそのような質問が多く投げかけられた場合、辞退した方が賢明かもしれません。
それは、社員に課せられるであろう労働環境の過酷さを知っており、

その条件に耐えられるかどうかを確認しているに他ならないからです。
後ろ向きな質問内容が多ければ多いほど、企業が孕んでいる危険度が高くなるということを頭に入れておいてください。


■合格ラインが異常に低い

書類選考はあっさり通過、面接もそれほど時間をかけずに終了、

そして届いたのは採用決定通知。
「よし!これで転職終了!」と喜ばず、少し疑ってみましょう。
企業にとって新たな人材を迎え入れるというのは、皆様が思っているよりも重大な決断です。
人ひとりを雇い入れるためには、数百万から一千万単位のコストがかかります。
そんな重要事項を簡単に決めてしまうのは、もしかしたら新規人材を「単なる消費物」と捉えている可能性があるのです。
そのケースにあてはまるのが、離職率が極めて高い企業です。
入っては辞め、入っては辞めを繰り返しているため、採用の合格ラインを異常に低く設定しているということもあるでしょう。
もしそのような企業に当たってしまった場合は面接の時点で何らかの違和感を覚えるため、そのままあっさりと合格してしまったら慎重に判断すべきといえます。


■基本給が極めて少ない

月給がそれなりにあったとしても、内訳を見て基本給が極めて少ない場合は注意が必要です。
基本給は労働者にとって生涯収入にも関わる重要な項目です。
賞与や退職金にも関わってきますので、基本給の大小で将来的な収入が大きく変わるといっても過言ではありません。
そして、社員一人ひとりの基本給を少なく設定しておくと、長期的には企業側の持ち出しも減ります。
また、収入内訳をよく確認すると、労働の実態をある程度予測することも可能です。
例えば「月給30万以上を保証!」という労働条件でも、みなし残業代や企業特有の謎の手当てで底上げをしている場合、実収入以上にハードな労働を課せられるケースが非常に多いのです。
もちろん全ての企業が当てはまる訳ではありませんが、気になる場合は面接で詳細を確認しておくと良いでしょう。


■確実に見極める手段とは?

上記の例以外にも、求人募集数の多い企業は少し注意が必要です。
一般的な企業が正社員を募集する際、登録している求人サイトは、多くても片手で数えられる程度のものでしょう。
しかし、ほとんどの転職サイトに登録している場合は、「誰が欲しいか?」ではなく、「誰でもいい」可能性が高く、その背景には離職率の高さが空けて見えます。
従って、そのような企業を確実に避けたい方は、転職エージェントの利用をおすすめいたします。
エージェントを仲介すれば、あらかじめ企業の内部事情や実態をある程度教えてくれますので、必要な情報を踏まえた上で応募することができるでしょう。
私どもには数々の転職成功例を実現してきた実績がございますので、

お悩みの方はぜひSGIにお越しください。


キャリアアドバイザー
五藤 聖一

kuchikomi1075_TP_V4


NEW

  • 転職は35歳までが限界?曖昧なイメージではなくハッキリとした認識を

    query_builder 2022/06/29
  • 転職するのがめんどくさい人にオススメの活動とは?

    query_builder 2022/06/16
  • 高卒でもステップアップ可能!価値ある将来を勝ち取る方法

    query_builder 2022/06/08
  • 転職後に後悔するのはなぜ?入社前に絶対にやっておくべきこと

    query_builder 2022/05/28
  • 徹底解剖!無職期間の長さは転職活動にどう影響する?

    query_builder 2022/05/20

CATEGORY

ARCHIVE