求職者は要チェック!今後の成長が期待できる業界とは?

query_builder 2022/03/19
佐藤 みさき
sakiphotoPAR536911249_TP_V4

こんにちは!
転職コンサルタントの佐藤です!
日々転職活動に励んでいらっしゃる皆さまは、どのような業界で働きたいとお考えですか?
「前職で携わっていた業界で引き続き働きたい!」という方が多いと思いますが、せっかく転職するタイミングを迎えているので、可能性の幅を少しだけ広げてみませんか?
というのも、社会にはさまざまな業界がひしめいていますが、その中でも今特にアツい業界があるからなのです!
そこで今回のコラムでは、今後の成長が期待できる業界をいくつかピックアップしてご紹介しましょう!
転職先がまだ決まっていない方にとっては、思わぬ耳寄りな情報かもしれませんよ!?
ぜひご一読ください!


〈 IT業界 〉

昨今の日本、いや世界レベルで最もアツい業界といえば「IT業界」です。
メディアなどでよく聞く「IT化」とは、簡単にいうと今まで人間が行ってきた作業を機械によって代替しようという試みのことです。
現在ではさまざまなもののIT化を目指し、数多くの研究機関や企業が莫大な投資を進めて技術革新を進めています。
また、ITと同じくらい聞く「AI(人工知能)」も、広義ではIT業界の一部と捉えて良いでしょう。
AI技術の発達は新たなニーズを生み出すだけではなく、既存産業の飛躍的な効率化にも期待できるため、社会において必要不可欠な概念としてその地位を確立するといわれています。
特にこだわっている業界をお持ちでない方は、勇気を持って踏み込んでみてはいかがでしょうか!?
ちなみに専門的なスキルを持っていなくても、販売や企画、事務などの職種では非常に多くの求人がありますよ!


〈 物流業界 〉

物流業界は、近年最も目覚しい成長を見せている業界です。
その大きな要因となっているのが、「ネットショッピング」の普遍化にあります。
一昔前と比べて今ではオンラインで買い物するのが当たり前の時代となりましたので、輸送ボリュームのベースアップや物流規模の拡大が急ピッチで行われることになったのです。
特に貨物輸送者のドライバーなどは人手不足が叫ばれており、意外な高収入で迎え入れられるケースが後を絶ちません。
物流スピードの上昇に伴い、納期厳守で配達を行うためには長時間運転することもありますが、その分リターンが多いのも本業界の魅力の一つといえるでしょう。


〈 建設業界 〉

建設業界も高い成長率を見過ごせない業界の一つです。
きっと意外に思う方も少なくないでしょう。
その理由は、実は数十年前に起こった建設ラッシュで建てられた数多くの建物が、今まさに立て替えの時期に差し掛かっているからなのです。
通常、建物は定期的にメンテナンスをして健全な状態を保ち続けますが、当然保全にも限界がありますので、とうとう建て替えるべき周期に入っているという訳ですね。
また、日本国内で国際的な大型イベント連続して予定されているというのも、建設業界が盛り上がる一因とされています。
安定性には定評のある業界ですので、先々を見通すと今の内から携わっておいた方が良いかもしれませんね!


〈 広告業界 〉

広告業界こそ、ここ数年で最も成長した業界といっても過言ではありません。
広告と聞くと、一般的にはテレビのCMや街中に溢れる看板などを連想する方が多いかもしれません。
しかし、広告業界が急成長を遂げた要因は、インターネット広告分野にあります。
今の若い世代はSNSやネットメディアに触れるのが当たり前の世の中ですので、企業側もより効果的な宣伝を行うために、インターネットに多大な広告費を投入しているのです。
すでに数年前に結果として現れており、今やテレビ広告費をインターネット広告費が上回っているという時代になりました。
IT業界とのシナジーも高く、今後も主流となる見込みですので、今すぐに足を踏み入れても損はしないでしょう!


〈 介護業界 〉

最後は介護業界です。
介護業界は、実は近い将来爆発的な需要が予想されている業界でもあります。
その理由は、団塊の世代と呼ばれる方々が2025年には後期高齢者となり、高い確率で要介護者が多発すると見込まれているからです。
さらに、要介護者発生のピークはまだまだ先の年代であることも予測されているため、国家規模の対策を講じなければ問題に対処できない可能性があります。
ただ、問題は介護業界が敬遠されている風潮があることです。
介護と聞くと「つらい」「大変」というネガティブなワードを連想してしまいますよね。
ですがご安心ください!
その問題は今後のIT化やAIの導入である程度緩和できることも予見されています。
今から介護業界でセオリーを学んでおけば、業界が最も成長したときに要職に就けているかもしれませんよ!

 〈 楽して稼げるは勘違い 〉

本コラムでは今後の成長が期待できる業界を5つご紹介いたしました。
ただ、勘違いをしてはいけません。
成長著しい業界だからといって、楽をして稼げる訳ではないのです。
どの業界にも身につけるべきスキル、学ぶべき知識が大量にあることには変わりません。
もしキャリア形成や進むべき業界でお悩みであれば、ぜひSGIにお越しください!
皆様の将来のビジョンを明確にすべく、まずはキャリアカウンセリングから始めましょう!


転職コンサルタント
佐藤 みさ

YUKA0I9A7452_TP_V4


NEW

  • 転職は35歳までが限界?曖昧なイメージではなくハッキリとした認識を

    query_builder 2022/06/29
  • 転職するのがめんどくさい人にオススメの活動とは?

    query_builder 2022/06/16
  • 高卒でもステップアップ可能!価値ある将来を勝ち取る方法

    query_builder 2022/06/08
  • 転職後に後悔するのはなぜ?入社前に絶対にやっておくべきこと

    query_builder 2022/05/28
  • 徹底解剖!無職期間の長さは転職活動にどう影響する?

    query_builder 2022/05/20

CATEGORY

ARCHIVE